お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール
dot

Glossary of Skydiving[スカイダイビング用語集]
 は行
  パーシャル インバージョン
Partial Inversion
キャノピーマルファンクションの種類。キャノピーのセルまたはゴアが1つまたは2つ以上の部分が必要以上に持ち上げられ風をはらみ、ラインが傘体に絡み、キャノピーを2つの部分に分けてしまうこと。この状態では解決できる場合もできない場合もあり、(キャノピーが完全に裏返しになった場合)トータルインバージョンになることもある。「メイウェスト」とも呼ぶ。
  ハーネス
Harness
中身の形に合わせて中身を正しく保護するように設計されたナイロン繊維製の装備で、開傘ショックと下降中の中身の重さを保持にするためのもの。ハーネスはライザーを通してキャノピーに接続している。
  パイロットシュート
Pilot Chute
メインパラシュートまたはリザーブパラシュートの展開を始め、また加速させるために用いられる小型パラシュート。誘導傘。
  ハウジング クランプ スティフナー
Housing Clamp Stiffner
パラシュートのコンテナのトップフラップに縫い付けた金属板で、リップコードケーブルハウジングを所定の位置に固定するためのもの。
  パック
Pack
ハーネスというより、パラシュート装備を指すFAA(米国連邦航空局)用語。コンテナ、キャノピー、サスペンションライン、パイロットシュート:ライザー、及びコネクターリングを指す。「パック」という用語と「コンテナ」は同義語ではない。
  パッセンジャーパラシューティスト
Passenger Parachutist
航空機に乗り、タンデムパラシュートオペレーションを指揮するパラシューティスト以外とともに行動し、フライト中の航空機からイグジットする意図で、二重ハーネスタンデムパラシュートシステムの前のハーネスを使用し、地面まで降下する降下者。タンデムスカイダイビングをする体験者の事。
  パラシューティスト
Parachutist
1.スカイダイビングをする人ヒトのこと。シングルハーネス、2重パラシュートシステムを使って、航空機のフライト中にイグジットし、地面まで降下する人を意味する。                       2.USPA(全米パラシュート協会)の刊行物。
  パラシュート アッセンブリ
Parachute Assembly
次の7つの部分から成り立つもの。
ハーネス、コンテナ、リップコード、ライザー、キャノピー、パイロットシュート、デプロイメントデバイス
  パラシュート パック
Parachute Pack
ハーネスというより、パラシュート装備を意味する。「パック」という用語と「コンテナ」は同義語ではない。
  パラシュート ランディグ フォール
Parachute Landing Fall
通称PLF。五点着地とも言う。通常のスタンドアップランディング(ランディングで立つこと)が困難な時に用いる着地の方法。衝撃を吸収して人体に掛かる力を分散しハードランディンを避ける方法。
  パラシュート リップコード プル
Parachute Ripcord Pull
金属またはプラスティックのハンドルの先にピンが接続されている。コイル状のスプリングが内蔵されたパイロットシュートを使用する場合に、パラシュートを開かせるためにはこのリップコードプル(引く)することが必要である。
  パラシュート
Parachute
落下する物体の下降を遅くする、布でできたもの。パラシュートという言葉は、フランス語の「パラ(防ぐ)」と「シュート(落下)」に由来する。ゆえに、「パラシュート」とは語義的には「落下から防御するもの」という意味である。
  パイロット シュート アシスト
Pilot Chute Assist
スタティックラインとパイロットシュートを結んでパイロットシュートをパックの外に引出し、パックと離すためのブレークコード、ベルクロ等の接続のこと。
  ハンド  デプロイ  シュート
Hand Deploy Chute
ハンドディプロイシステム(手テでパイロットシュートを投げる)で用いる、スプリングが内蔵されていないパイロットシュート(誘導傘)の総称。「スルーアウト」「プルアウト」の項参照。
  ハンド デプロイド パイロット シュート
Hand Deployed Pilot Chute
メインパラシュートを引き出すための手で投げる小さいパラシュート。プルアウトとスル―アウトの2種類のシステムがある。オープンの時にこれを投げる。
  ビー ライセンス
B License
スカイダイビングの中級ライセンス。最低降下回数50回以上が必要。
2番目の、又は中級のライセンス。Bライセンス所持者は、自分自身のジャンプマスターをつとめ、自分のメインパラシュートのパック、ウォータージャンプ、ナイトジャンプ、RW、記録挑戦への参加をすることができる。
  ピン
Pin
1.他のジャンパーまで飛んで、ドックすること。
2.クロージングループを通ってキャノピーを押さえこんでいるデバイス。
  フィールド パッキング
Field Packing
スカイダイビングの後で、より便利に持ち運べるように一時的にパラシュートをコンテナへしまうこと。
  フックナイフ
Hook Knife
かぎ型の刃の付いたナイフ。からんだラインを切るために使う。
  プラクティス リップコード プル
Practice Ripcord Pull
リップコードが所定の位置についており、安定した姿勢でそれをいかにリーチしプルするかを学ぶために用いる練習。プラクティスまたはダミーハンドルを引くか、本物または実際に使っているハンドルにタッチしておこなう。
  プランニング
Planing
CRWで、一人の足が下の者のライザーの中にある時、下のジャンパーのラインを両手で均等に引いて浮き上がっているあいだ、下にいるジャンパーがブレーキを増していること。下の者のキャノピーを崩さないように、上の者が、ライザーに届くまで足をラインからはずさないようにして浮き上がることが重要である。
  フリーフォール
Freefall
自由落下。スカイダイビングの一部分、飛行機からのエグジットした後から、パラシュートを開く動作を開始するまでの間のことを言う。パラシュートはパラシューティストの判断により手で開かれるか、自動的に開かれる。物の場合は自動的に開かれる。
  フリーフライ
Freefly
ベリースタイルではない堕ち方。シットやヘッドダウンがある。
  プリメイチャ オープイング
Premature Opening
使用者が航空機から離れる前にパラシュートが開くこと。突発的にパラシュートが開くどんな場合も指す。
  プル アウト
Pull Out
ハンドディプロイ方式の一種。
パイロットシュート(誘導傘)がメインコンテナの中にパックされている場合、ハンドルを引くと一緒にコンテナ クロージングピンを抜き、それからパイロットシュートが出る。ハンドルはパイロットシュートのボトムに付けられている。
  フレア
Flara
トグルを引いて落下速度を落とすし、地面に着地するための動作。
  ブレイク オフ
Break Off
(1)RWの場合:フリーフォール中、フォーメーション内または近くにいるジャンパーが、安全にパラシュートを開くのに充分な空間をとるために離れること。
(2)CRWの場合:もうそれ以上キャノピーのドックが許されない高度になった後で、フォーメーションを解散し始める高度。
  ブレーカウェイ ハンドル
Breakaway Handle
通常ハーネスについているハンドルで、両方のメインライザーを開放するのに使うハンドル。時には「シングルポイントリリース」に対してこう呼ぶ場合もある。
  ブレーカウェイ
Breakaway
ライザーリリースを作動して、ハーネスからメインキャノピーとライザーを切り離したり開放すること。マルファンクションしたメインキャノピーに対しておこなう方法であり、続いてリザーブを開く動作をおこなわなければならない。(カットアウェイに同じ。)
  プレーン
Plane
垂直方向のCRWで、一人のジャンパーの足がもう一人のライザーの中に来てその間をグリップするもの。クロスコネクターの項を見よ。
  フロッグ ポジション
Frog Position
スカイダイバーの作る調整されたステーブルの姿勢。アーチはせず、かつ足を曲げ腕をU字型にとった姿勢。
  ベーシック セーフティ リクワイアメント
Basic Safety Requirements
安全なスカイダイビング行為のために受け入れられる基準として協会で認められた最低条件。
  ベルヌーイ
Bernoulli
ベルヌーイの法則の原理によりパラシュートが開くきっかけとなる。空気の速度差が圧力差を生んでパラシュートを引き出す。
  ポイズド エグジット
Poised Exit
ジャンパーが自分の体を支えて航空機を離れてすぐにステーブルポジションをとりやすいように、外側の支柱を使って航空機から出ること。
  ボースオープン
Both open
主傘と予備傘が同時に開くこと。トグルは解除しないこと。バイプレーン、サイドバイサイド、ダウンプレーンがある。ダウンプレーンの時のみ主傘をカットする。
  ボード オブ ディレクターズ
Board Of Directors
協会の規則に述べられている通り、一般会員から2年ごとに選挙で選ばれる代表者。規則によって、事務、組織の基金や財産について一般的な責務と運営をおこない、組織の目的と規則を遂行する権威をもつ。その時の理事会メンバーの中から事務官を選出する。理事会は、次の者によって構成される。
(1)全国理事:一般会員から選出される理事。及び、
(2)地区理事:特別な地域の理事で、その地区の、地域のスカイダイバーによって選出され、彼らを代表してその利益のために責任を持つ。
ポロジティ
Porosity
繊維を通る空気の合計または量で、通常、透過性として技術的に知られていることを指す。高い、低い、またはゼロに段階分けされる。


特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.