お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール

Skydiving Photographer[スカイダイビングフォトグラファー]
スカイダイビングフォトグラファー
スカイダイビングフォトグラファーとはスカイダイビングしながら撮影をする人=カメラマンの事を言います。
スカイダイビングをしながら撮影をする事をカメラジャンプといいます。
このホームページにあるスカイダイビング中の画像は、スカイダイビングフォトグラファーがスカイダイビングをしながら撮影したものです。
カメラジャンプを一言で言うと撮影をしながらスカイダイビングすることになります。撮影をしながらスカイダイビングをすると言っても、カメラを手に持ってスカイダイビングするわけではありません。カメラジャンプの殆どは、カメラをヘルメットにしっかり固定し、そのヘルメットを被り撮影をしながらスカイダイビングを行います。
動画撮影
動画撮影の場合、カメラはDVカメラを使うことが多いです。最近になりハイビジョンカメラも使われるようになりました。技術の進歩でビデオカメラは小型軽量でしかも安くなり、多くのスカイダイバーが撮影を行いながらスカイダイビングを行っています。何人かでスカイダイビングを行う時に、お互いに撮り合い、後でフリーフォールの姿勢を研究したり、みんなで鑑賞し合ったりもします。
写真撮影
スカイダイビング中に写真撮影を行う事もあります。写真撮影は以前はフィルムを使用した一眼レフカメラを使用していましたが、現在、そのほとんどが一眼レフのデジタルカメラになっています。スカイダイビング中に写真撮影を行う場合のカメラのシャッターは、カメラに専用のリモートケーブルを接続し、その先にスイッチを付け、そのスイッチを操作して行います。
スイッチは

 ケーブルを手まで伸ばして指でシャッターを切るタイプ、
 スイッチを口に咥えて舌でシャッターを切るタイプ、
 スイッチを口に咥えて噛んでシャッターを切るタイプ。
 スイッチを口に咥えて管に息を吹きかけてシャッターを切るタイプ

などいろいろあり、使う人の好みによって、どのタイプを使うかが決まります。
機材の変遷
スカイダイビングのカメラの機材も、技術の進歩により大きく変化します。ビデオカメラは、DVカメラからハイビジョンカメラに移行しつつあります。記憶媒体もDVテープからSDやメモリースティックなどへ変わってきています。
ただし、ハードディスクはスカイダイビングでは、使用することはありません。ハードディスクはその原理上、低い気圧(3000m以上)では動作しないのです。写真撮影は現在はデジタル一眼レフカメラが使用されてますが、今後はもっと小型軽量のもが使用されるかもしれません。

特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.