お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール

Instructor[インストラクターになるために]

AFFインストラクターになる為には
スカイダイビングを本格的に習いたいと思ったら、初心者養成プログラムを受けなければなりません。
ここ藤岡スカイダイビングクラブでは、AFF:アクセルレイティッドフリーフォールという世界で最も安全で上達が早いと認められている初心者教育システムを採用していますが、このAFFを教える人をAFFインストラクターといいます。一体どんな能力を持った人がスカイダイビングを教えてくれるのか、興味深いものです。
そこで.AFFインストラクターについて、皆さんに知って頂こうと思います。
下記に示す十分な経験の他に、USPAの催す、非常に難関なAFFインストラクター養成試験を受けて合格することが必要です。
非常に難関なAFFインストラクター養成試験
内容・場所・時間・どのようにして受験するか・プレコース・採点方法
AFFインストラクター養成試験は、USPAから派遣されるコースディレクターの指揮の下で、座学、筆記試験、実技試験が行われ、これにパスすればAFFインストラクターとして認定されます。
座学で教育理論、AFFの理念、過去の事例を参考にした様々な問題対処方法などが講義されます。受講生は活発に議論を交わしながらインストラクターとしての知識や心構えなどを学びます。座学は約3日間かけて行われ、修了試験にパスすると、実技試験が始まります。実技試験では、グランドトレーニング、ジャンプ実地試験、指導能力の3点から採点されます。グランドトレーニングでは、スチューデント役に対して実際に指導を行い、適切にわかりやすく説明しているかを細かく採点されます。ここで採点を行う試験管が、ジャンプ実地試験の生徒役となるため、グランドトレーニングの内容が、次の実地ジャンプにそのまま反映されます。つまりグランドトレーニングの教え方が不適切だと、次のジャンプで、その部分をあえてジャンプの中で試験され、対処しなくてはならない場合もあります。その他、実地ジャンプでは、スチューデントが取り得るさまざまな動作や状態を試験官が再現し、実際に対処できるフライング技術を持っているかを厳しく採点されます。
指導能力は、スチューデントに対する気配り、リーダーシップ、ジャンプ後の反省会で、スチューデントの良かった点、悪かった点を適切に指摘し、改善のための指導を行えるかどうかなど、さまざまな視点からインストラクターとしての資質があるかどうかを試験します。
養成試験の受講資格
養成試験の受講資格としては、
・18歳以上であるこ
・USPA Cライセンス(上級ライセンス)以上の保有、
・他のスカイダイビングインストラクター資格の保有、
・6時間以上のトータルフリーフォールタイム

※6時間以上のフリーフォールタイムとは:12500ftから航空機から飛び出した場合、自由落下してパラシュートを開くまで最大60秒間掛かります。この時間の事をフリーフォールタイムといいます。この秒時をスカイダイビングをするたびに毎回加算していき、合計が6時間以上になった場合を言います。
更新方法
また、毎年の更新の為、過去12ヶ月以内に―
・年間15回以上のAFFのインストラクショナルジャンプをすること
・USPAインストラクターセミナーへ参加すること
・AFFでのカテゴリーA(ファーストジャンプ)の指導をすること
等が求められます。
特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.