お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール

1人で飛ぶために[地上講習テキスト]
(1)飛行機の非常事態(エアクラフト・エマージェンシー)
 ここで重要なことは、常にジャンプマスターに注目し、その指示に従う事です。ジャンプマスターとパイロットはコミュニケーションをとり、対処の仕方を判断しスチューデント(他のジャンパー)に指示します。一刻を争う場合が多いので、ジャンプマスターに注目してください。
飛行機の故障(トラブル)
1. 1,500ft未満(クラッシュポジション)
  緊急着陸の姿勢をとる。
高度1.500ft未満では、飛行機から飛び出してもパラシュートがオープンする高度が十分にないため、クラッシュポジションをとる。
2. 1,500ft〜3,000ft(ベイルアウト)
  両手でリザーブ・リップコードを握る。
ジャンプマスターの指示で、足を閉じて飛び出す。
“ワンサウザン”“トゥーサウザン”“スリーサウザン”でブル・アーチ、チェック。
3. 3,000ft以上(ポイズド・イグジェット)
  通常のEXITをする。
レベル III までのスチューデントはジャンプマスターがプルする。
レベル IV 以降のスチューデントはプルのサインによりスチューデントがプルする。
その他、パラシュート同士の接触、衝突(コリジョン)があります。
飛行機内でパラシュートが出た場合
  手で被い、外に出て行かないようにする。
ジャンプマスターにすぐ伝える。
パラシュートが飛行機の外に出た場合
  パラシュートに続いて、すぐに飛び出す。
パラシュートをチェックし、カッタウェイに備える。
パラシュートが飛行機に引っ掛かった場合
  カッタウェイしてリザーブを使う。
自分やその他のジャンパーのパラシュートやパイロットシュートが出ている等の異常に気付いたら、すぐにジャンプマスターに伝える。
特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.