お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール

1人で飛ぶために[地上講習テキスト]
スカイダイビング全般について
スカイダイビングを簡単に説明すると、飛行機から飛び出し(EXITという)、ある時間フリーフォール(自由落下)したのち、パラシュート(キャノピーという)をオープンさせ地上へ降りることとなります。
 通常日本の場合、12,500ft(約3,700m)より降下し、地上2,000ft(約600m)以上でパラシュートをオープンさせています。この最低オープン高度は、各ライセンスによって異なり、A.F.F.スチューデントは、3,000ft(約900m)以上でオープンすることになっています。
フリーフォール中の速度
落下速度は、EXITする時の“0”から加速し、EXIT後約12秒で最大スピードに達し、そして地上に近づくに従い空気密着が増し序々に減速する。
フリーフォール中の姿勢や、ジャンプスーツ、気象状況にもよりますが、一般的には時速約 200km/hで落下し、1,000ft落下するのに約5.5秒かかります。
パラシュートをオープンさせてから地上に着地するまではだいたい4〜5分の時間がかかります。
フリーフォール中のコミュニケーション
2人以上でスカイダイビングをする場合(A.F.F.にもこれにあたる)は、互いにコミュニケーションをとる必要があります。空中では音声によるコミュニケーションがとれないので、アイコンタクト(目で見ること)という手段を使います。
目で見ることの意味は、その時の状況(対象)の変化に対応すると言うことです。ただ見ているだけでは、本を開いていても読んでいないのと同じで意味がありません。A.F.F.では、ハンドルシグナル(手信号)をコミュニケーションのひとつとして使います。数種類のハンドシグナルでジャンプマスターから指示を受けます。
スカイダイビングの体に対する影響
空気は地上から離れるに従って、薄くなります。気圧と気温も下がります。各国の航空法では酸素補給なしで、人体に支障のない最高高度が12,500ftの為、通常この高度からEXITしています。
フリーフォール中は時速 約200km/hで落下しますが、風圧によって息ができないことはありあせん。
フリーフォールは短時間で気圧が変化します。これが鼓膜に影響し、耳がつまったような感じになる場合があります。パラシュートがオープンしてから、耳抜き(唾を飲み込む等)をすれば直ります。
パラシュートがオープンする時にはショック(オープンショック)通常2Gから3Gがかかりますが、装備を正しく付けていればオープンショックで怪我をする事はありません。
スカイダイビングの危険性
スカイダイビングは危険な要素を含むスポーツであることを認識する必要があります。現在のスカイダイビングは以前より装備、教育レベルはかなり向上し、安全性は増したものの、絶対ではありません。人間は高い知能を持っていると言われていますが、その頭脳が間違った選択をする場合がある事を自覚する必要があります。
スカイダイビングで最終的な責任を負うのは、その個人であることを理解して下さい。
優先
フリーフォール中もパラシュートがオープンしてからも下にいる人が優先します。上にいる人は下の人の行動を妨げてはなりません。
選択の自由
スカイダイビングは、精神的なものの影響を強く受けるスポーツ(メンタルスポーツ)です。強制されてするものではなく、いかなる場合でも選択の自由があります。
特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.