お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール

1人で飛ぶために[地上講習テキスト]
A.F.F.の訓練方法
この方式は、真剣にスカイダイバーになりたいスチューデントに個人的指導をほどこす為のものです。また、一回だけのスカイダイビングを体験したいと思うスチューデントにとっても、良い機会を与えるものです。
 このプログラムは注意深く、そして系統だてて開発してあります。その指導は技術だけではなく、装備にまでおよび、これまでは、“習うより慣れろ”でしか広げることの出来なかったスカイダイビングの習得に役立ちます。
A.F.F.方式は、次の3つの概念によって成り立っています。
1. スカイダイビングに先立つ訓練から、フリーフォール中もハーネスを握っておく方法によってジャンプマスターによる直接指導が行えること。
2. 理論的な上達システムによって情報が提供され、技術が開発されること。
3. 最新式の装備と技術を使用することによる恩師を最大限に受けられること。

「アクセルレイテッド・フリーフォール」と呼ばれる理由は、今までのスタティックラインから始めるプログラムに比べ、3〜5倍の速さで教習期間が終了するためです。
今までの方法
a. 今までのスカイダイビングの手始めはスタティックラインでのパラシュートジャンプがなされてきました。このジャンプは飛行機からの飛び出し(EXIT)を経験することと。正しい降下姿勢を学ぶことでした。
b. 3回目のスタティックラインジャンプまでにスチューデントはリップコードを引く練習を始め、その後3回のジャンプでリップコードを引く練習が正しく行われたと確認されたなら、次のステップに進むことが許されます。
c. その後、3秒内でのリップコードプル、5秒、10秒とその降下時間を延ばしてゆく間に、スチューデントは正しい降下姿勢と正しいEXITを学び身に付けます。この時スチューデントは降下という危険に身をさらすことが知覚機能に与える負担の大きさが普通でないことを認識し、自覚しなければなりません。それは知覚神経を大きく歪めているのです。
d. スチューデントは、15秒、20秒、30秒と独自のフリーフォール時間を増やしながら、各々の基本を学び自身の安全を確保することを目的としている。
以上、修得課程の間たいていのスチューデントはずっと孤独と恐怖を味わい続けます。
A.F.F.の方法
a. A.F.F.で、スチューデントは直接指導の下、充分な時間を費やして、体の安定というものを学びます。スチューデントはやはり知覚系の負担を経験しますが、それを圧倒できるチャンスが与えられます。これにはたいてい5秒しかかかりません。その後、リップコードを引く練習を3回行い、最後に実際にリップコードを引きます。
以上必要とあらば、その都度援護が成されます。多くのことを短い時間と数少ないスカイダイビングで学ぶことができ、パラシュートのオープニングや着地での問題、不安等も非常に少なくてすみます。
b. スチューデントはその7段階の過程を自分のペースで学び、進むことが出来ます。
c. 安全性,自己操縦を含めたエグジェット(EXIT=飛行機から飛び出すこと)やフリーフォールに必要な技術は、徹底的な地上訓練と空中での直接指導により身につけられてゆきます。
d. ヘディング(方向を定めること),ターン(方向変換),バックループ(後転),トラック(水平に前進すること)を7過程の間に学び、必要とされる自分自身の管理が出来るようになります。
また、RW(リラティブワーク)での安全確認の方法、1人の時と他のスカイダイバーと一緒の時等、それぞれの対処の仕方を学びます。
以上のように、空中で直接インストラクターにより指導が受けられる為、安全性に優れ、上達が早く、短時間でスカイダイビングが習得出来るわけです。
特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.