お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール
dot

dot
dotはじめに インストラクターの装備 パッセンジャーの装着方法 パッセンジャーの姿勢 タンデムスカイダイビングの撮影

dot
dot

Tandem Skydiving[タンデムスカイダイビング]スカイダイビング体験の第一歩。
タンデムスカイダイビングの撮影
タンデム(二人乗り・体験ダイビング)の撮影は、カメラマン(スカイダイビングフォトグラファー)による撮影と、
タンデムマスターの手に固定されたカメラによる撮影(インストラクター手カメ撮影)があります。
初心者のスカイダイビング申込・問い合わせはこちらから

タンデムスカイダイビング撮影の様子 カメラマンによる撮影

タンデムスカイダイビングを撮影する為に、スカイダイバーが1名、カメラマンとして、そのタンデムと一緒に飛び降り、フリーフォールを撮影します。安全の為1回のスカイダイビングで1組のタンデムしか撮影出来ません。

※タンデムパッセンジャー、タンデムマスター、カメラマン3名が1組となって航空機から飛び降ります。

専属のカメラマンによる撮影のため、いろいろな角度や距離からのダイナミックな映像の撮影ができます。また、装備によってビデオのみ、写真のみ、またその両方の撮影が可能です。撮影は飛行機から飛び降りて、パラシュートを開くまでの間と、着地の撮影になります。カメラマンはタンデムのパラシュートが開くまで撮影を行い、タンデムのパラシュートが開いた後にパラシュートを開きます。カメラマンのパラシュートはタンデムよりも低い高度で開く為、タンデムのパラシュートに近づいて撮影することはできません。カメラマンはタンデムよりも早く地上着地して、後から降りてくるタンデムの着地の撮影を行います。
カメラマンはタンデムパッセンジャーに衝突しないようにコントロールしたり、安定を保つ訓練を積んで、タンデムスカイダイビングの安全を確保しながら撮影を行います。
パソコンや携帯電話の普及により動画や静止画を扱うシーンが増え、タンデムスカイダイビングのような非日常の体験をビデオや写真に残す人気が高まってきています。
こちらはカメラマンによる撮影サンプルです。
手に固定するタイプのカメラ タンデムマスターの手に固定されたカメラによる撮影(インストラクター手カメ撮影)

手カメと呼ばれるもので、カメラをしっかり固定できる専用の手袋を使用して、タンデムマスターの手にカメラを固定し、パッセンジャーを撮影しながらスカイダイビングを行います。この撮影は、タンデムマスターがカメラマンを兼ねるので、通常のタンデムと同じく2名1組で航空機から飛び降ります。手に付けているカメラの撮影の為、カメラとパッセンジャーの距離が取れず少し歪んだ画面になります。また、離れた所から全体を撮影することはできません。撮影はビデオのみとなります。専用のカメラマン付きの撮影と違い、 パラシュートを開いた後も撮影することができます。落下中も、パラシュートを開いた後も、航空機を飛び出して着地するまで全ての撮影が可能です。
通常タンデムインストラクターは両手両足をフルに使って安定を保ちますが、カメラ撮影で片手に成約を持たせる分、アンバランスになります。こうした不利な点をカバーしつつパッセンジャーの安全を確保するために日ごろから訓練しているインストラクターが行います。 カメラマンによる撮影、タンデムマスターの手カメによる撮影、その2つの同時撮影も可能です。
こちらはインストラクターによる撮影サンプルです。
2組のタンデムを1人のカメラマンが同時フライトで撮影することはできません。
タンデムは2人(1組)のお腹と背中がくっ付いた状態でジャンプします。空気抵抗に対して重量が多いのでドローグシュート(減速傘)を用いて人体や機材への負担を軽減しています。しかしドローグシュートがあると空中での水平移動がしにくく、複数のタンデムが空中で接近すると、ドローグシュートが絡まる可能性があり、たいへん危険です。また、パラシュートが開く前にお互いの安全距離分の移動が出来ないなど、これらの危険を避ける為に、航空機から飛び出す時間を調整して、タンデム同士落下中はある程度の距離をとるようにしています。当ドロップゾーンでは安全を第一に考え、一人のカメラマンで複数組のタンデムを撮影することはできません。

特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.