お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール
dot

dot
dotはじめに インストラクターの装備 パッセンジャーの装着方法 パッセンジャーの姿勢 タンデムスカイダイビングの撮影

dot
dot

Tandem Skydiving[タンデムスカイダイビング]スカイダイビング体験の第一歩。
パッセンジャーハーネスの装着方法
初心者のスカイダイビング申込・問い合わせはこちらから
タンデムジャンプ(体験スカイダイビング)の場合、パッセンジャーはパラシュートが付いていない「パッセンジャーハーネス」を装着します。沢山のベルトと金具が付いています。インストラクターが調整をして正しく装着してくれます。体にフィットしますので、窮屈ではありません。このハーネスによって空中のフリーフォールが快適なものとなります。パラシュートが開く時のショックも少なくなるように工夫が凝らされています。
  タンデムインストラクター正面図  
タンデムインストラクター正面図
タンデムマスターがギアを正しく背負った状態です。
  パッセンジャーバック パッセンジャーフロント  
パッセンジャー Front & Back
パッセンジャーがハーネスを正しくセッティングして装着した状態です。
  チェストストラップの通し方チェストストラップの通し方チェストストラップの通し方チェストストラップの通し方  
チェストストラップ(胸帯)の通し方
金具の中央のスライダーを巻くように通します。端部の処理も綺麗に。
  サイドアジャスタの調整サイドアジャスタの調整サイドアジャスタの調整サイドアジャスタの調整  
サイドアジャスタの調整
トップアタッチメントコネクタの位置を決め、次にパッセンジャーの方の腰骨の下にレッグストラップの金具が位置するようにメインリフトの長さを調整します。

特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.