お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール
dot

dot
dotはじめに インストラクターの装備 パッセンジャーの装着方法 パッセンジャーの姿勢 タンデムスカイダイビングの撮影

dot
dot

Tandem Skydiving[タンデムスカイダイビング]スカイダイビング体験の第一歩。
タンデムスカイダイビングのインストラクターの装備
初心者のスカイダイビング申込・問い合わせはこちらから
タンデムスカイダイビングの装備 2人用パラシュート装備
(タンデムギア)の背負う面

重さは約20Kg。2人乗りのメインパラシュート(普段使うパラシュート)と2人乗りのリザーブパラシュート(予備のパラシュート・非常の場合に使います)が入っています。一人用のパラシュートの2倍以上の重さです。
タンデムスカイダイビング装備の安全装置 リザーブクロージングピンと
AAD(自動作動装置)のコントロールユニット

毎回背負う前のギアチェックの際に確認します。AADは液晶の“0“を、クロージングピンはループから抜けかかっていないか、ループは切れかかっていないか等をチェック。

タンデムのAAD(自動作動装置)は通常のセッティングだと、スウィッチオンした地点の上空1900ft(580m)に達した時に降下スピードが秒速35mを越えている場合、リ
ザーブのクロージングループをカットしてリザーブを開傘させます。
タンデムスカイダイビング装備の左サイド 左サイドの3リングとリザーブハンドル
リザーブハンドルがメインリフトの外側に位置します。通常の1人用の装備のリザーブハンドルは、内側を向いて装備されていますが、タンデム用は向きが大きく異なります。フロントに体験者(パッセンジャー)を抱えるためインストラクターが作動し易いような位置にあります。
タンデムスカイダイビング装備の右サイド

右サイドの3リングとカッタウェイハンドル
リザーブハンドル同様メインリフトの外側に位置します。これもフロントに体験者(パッセンジャー)を抱えるためインストラクターが作動し易いような位置にあります。

タンデムスカイダイビング装備右サイド 右サイドドローグリリースハンドルと
そのハウジング

約4、50秒のフリーフォールの後、通常左右どちらかのドローグリリースハンドルを引くことによりドローグがフックポイントから外れメインパラシュートが開きます。また金属のハウジングはジョイント部で分割されており、万が一ブライダル等がハウジングの内側を通ったとしても確実にドローグがリリースされるようになっています。
タンデムスカイダイビング装備左サイド 左サイドドローグリリースハンドルと
そのハウジング

約4秒から50秒のフリーフォールの後、通常左右どちらかのドローグリリースハンドルを引くことによりドローグがフックポイントから外れメインパラシュートが開きます。
サイドアタッチメントポイント サイドアタッチメントポイント(左)
円状の金具は5000lbs(2270kg)の強度を持ちコンテナとパラシュートをつなぐ金具としても用いられています。白いナイロンチューブは4000lbs(1810kg)の強度でMIL-W-5625に掲載されています。
減速用パラシュート ドローグポーチに収まった状態のドローグ
イグジット後数秒の間に右手でこのオレンジ色の筒状のハンドルをつかんで勢いよくタンデムペアから出来るだけ離れるように放り投げます。

特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.