お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール

Skydiving Photographer[スカイダイビングフォトグラファー]
タンデムスカイダイビングの撮影
タンデムスカイダイビング撮影の様子 タンデム(二人乗り・体験ダイビング)の撮影は
・スカイダイビングフォトグラファー(エアーカメラマン)による撮影。
・タンデムマスタとは別のスカイダイバーによる撮影と。
・タンデムマスタの手に固定されたカメラによる撮影。
などがあります。

タンデムの組みと一緒にスカイダイビングする人による撮影

タンデムスカイダイビングを撮影する為に、スカイダイバーが1名、カメラマンとして、そのタンデムと一緒に飛び降り、フリーフォールを撮影します。安全の為1回のスカイダイビングで1組のタンデムしか撮影出来ません。

※タンデムパッセンジャー、タンデムマスタ、カメラマン3名が1組となって航空機から飛び降ります。

専用のカメラマンによる撮影のため、手カメでは出来ないダイナミックな映像の撮影が出来ます。(距離をとったり、いろいろな角度から撮影することが出来ます。)。また、カメラ装備によりビデオのみ、写真のみ、またその両方の撮影が可能です。ただし、撮影は飛行機から飛び降りて、パラシュートを開くまでの間と着地の撮影のみとなってしまいます。カメラマンはタンデムのパラシュートが開くまで撮影を行います。そして、タンデムのパラシュートが開いた後、カメラマンはパラシュートを開きます。 。カメラマンのパラシュートはタンデムよりも低い高度になる為、タンデムのパラシュートに近づいて撮影することは、とても難しくなってしまいます。その後、カメラマンはタンデムよりも早く地上着地して、後から降りてくるタンデムの着地の撮影を行います。
手に固定するタイプのカメラ タンデムマスターの手に固定されたカメラによる撮影(手カメ)
手カメと呼ばれるもので、カメラをしっかり固定できる専用の手袋を使用して、タンデムマスターの手にカメラを固定し、パッセンジャーを撮影しながらスカイダイビングを行います。この撮影は、タンデムマスタがカメラマンを兼ねるので、通常のタンデムと同じく2名1組で航空機から飛び降ります。手に付けているカメラの撮影の為、カメラとパッセンジャーの距離が取れず少し歪んだ画面になってしまいます。また、離れた所から全体を撮影することは出来ません。そして、撮影はビデオのみのとなってしまいます。ただ、専用のカメラマン付きの撮影と違い、 パラシュートを開いた後も撮影することが出来ます。落下中も、パラシュートを開いた後も、航空機を飛び出して着地するまで全ての撮影が可能となります。

また、エアーカメラマンによる撮影、タンデムマスタの手カメによる撮影、その2つの同時撮影も可能ですが、多くの映像が必要である場合を除きほとんど実施されません。
タンデムを撮影する時の留意事項
タンデムは2人(1組)のお腹と背中がくっ付いた状態で、2人が腹這の姿勢で空中を落下します。1人で落下するのと比べ、空気抵抗に対しての重量が多くなります。同じ空気抵抗で重量が増えるので落下の速度が速くなってしまいます。落下の速度が速いと、パラシュートを開く瞬間に人や機材に大きな負担が掛かります。この負担をかけない為に、タンデムはドローグシュートと言う速度調整用の小さなパラシュートを航空機から飛び出してからすぐに開きます。そして、このドローグシュートがあると一人で飛ぶ時と比べ落下中の移動がとてもやりにくくなります。この為、複数のタンデムが落下中に接近すると、ドローグシュートが、絡まる危険性が出てきます。また、パラシュートが開く前にお互いの安全距離分の移動が出来ない為、パラシュートを開いた直後にお互いのパラシュートが絡まる危険性も出てきます。これらの危険を避ける為に、航空機から飛び出す時間を 。調整して、タンデム同士落下中はある程度の距離をとるようにしています。この距離の為に一人のカメラマンで複数組のタンデムを撮影することは出来ません。

特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.