お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール
dot
dot
dotAライセンス取得後のさらに上のライセンス  ライセンス試験と申請手順  USPAライセンス申請書和訳  ライセンスカード
dot
dot

Skydiving License [スカイダイビングのライセンスについて]

ライセンス試験と申請手順

A.ライセンス試験のインストラクション
1. Aライセンス
 
a.

試験を行うUSPAインストラクターは、USPA Integrated Student Programの概要から、下記を強調した少なくとも20問の口頭質問を行う

  (1) 雲のクリアランスと可視条件
  (2) 装備のオペレーションとメンテナンス
    (i) ウィングローディングとその影響
    (ii) クロージングループ
    (iii) ベルクロとフラップ
    (iv) パックとパックの許可
  (3) キャノピーフライト
    (i) トラフィックパターンと衝突の回避
    (ii) ブレーキをかけたターンと障害物の回避
    (iii) ローターンの回避とリカバリー
    (iv) ダウンウィンドでのランディング手順
    (v) 障害物ランディングのエマージェンシーとリカバリー手順
  (4) 航空機での手順
    (i) ジャンプランとエグジットの間、バランスを観察
    (ii) グループ間のセパレーションを維持するための距離
    (iii) 航空機でのエマージェンシーの手順
  (5) グループのブレークオフの推奨
  (6) パラシュートエマージェンシーの手順
    (i) ディプロイメントマルファンクション
    (ii) カッタウェイの決定と実行の高度
    (iii) ボースオープンのシナリオ
  (7) FARコンプライアンスの責任
b. 試験を行うUSPAインストラクターは、スチューデントが全ての質問に正しく答えられるよう、必要な復習トレーニングを行う
c. 試験を行うUSPAインストラクターは、申請者の以下の範囲の実際的な知識を確認するためスカイダイブを行う
  (1) 通常のコンディションで、スポットを選び、パイロットを正しいエグジットとオープンポイントへ誘導する
  (2) 自分自身と他の人たちのジャンプ前の装備チェック
  (3) 効果的なグループブレークオフを計画する
  (4) 右360度、左360度、バックループ
  (5) 20フィート離れたところからドックする(評価者はその位置へ移動)
  (6) ブレークオフの高度を認識することと最低100フィートのトラッキング
  (7) ディプロイメントの前の合図とその間、その後の全体の認識
 
  (8) スムーズなトラフィックと他のジャンパーを避ける論理的なランディングパターンを計画し、その通り実行
  (9) 次のジャンプのためのパックと装備の準備
d. スチューデントがAライセンスのチェックダイブに成功し、試験で全ての質問に正しく答えることができたら、それを証明するUSPAインストラクターはスチューデントのAライセンスプロフィシェンシーカードまたは承認された同等の書類に署名し、公式のUSPAAライセンススタンプをライセンス資格の証拠として加える
2. B、C、Dライセンスの試験を行うUSPA当局者は
 
a.

申請者に問題と回答用紙を与える

  (1) 試験中は参照や他の援助は許されない
  (2) 試験の後、当局者は問題と解答用紙を回収し、評価を行う
  (3) 合格するには75%(15以上の正解)のスコアが必要
b.

スコアはライセンス申請書と申請者のログブックに記録される

  (1) 不合格だった申請者は、7日後に再度この試験を受けることができる
  (2) より上のライセンスを得るためには、申請者はUSPAライセンスの所有、下位のUSPAライセンスの条件を全て満たすこと、全ての下位のライセンス試験に合格することが必要
B.完成したライセンス申請書を提出する
1. Aライセンス
 
a.

USPAインストラクターに署名され、公式のAライセンススタンプのある完成したAライセンスプロフィシェンシーカードはUSPAAライセンスの証明となる

b.

Aライセンス保持者は適切なライセンス登録料とコピーをUSPAに送ることによりそのライセンスを永久に登録することができる

  (1) 完成したライセンス申請書の両面をクレジットカード番号と共にUSPAにFAX
  (2) 完成したライセンス申請書の両面をコピーし、支払いと共に郵送
  (3) 署名されて完成したライセンス申請書はUSPAに登録されるのにスタンプの必要はないが(USPAは全てのUSPAインストラクターの署名を記録している)、スタンプされるかライセンス番号が発行されるまでAライセンスプロフィシェンシーカードは公式であるとみなされない
2. B,C,Dライセンスの申請者は、適切な料金と共に、郵便かFAXで完成した申請書をUSPA本部に送る

3. 新しいライセンスがUSPAに登録されると、申請者は新しい会員カードとライセンス番号を受け取り、それは雑誌パラシューティストに掲載される
C.ライセンス申請チェックリスト
1. ライセンス申請書にサインする当局者はこれらの項目が完成しているかチェックしなければならない
 
a. 申請者の個人情報
b. 経験の確認
  (1) ジャンプ回数
  (2) フリーフォール時間(適用できるなら)
c. 技術の確認
2. 当局者は(イニシャルを書くことにより)以下を確認する
 
a. ジャンプナンバー、日付または各条件のスコアが正しく、申請者のログブック記録されていること
b. 適用できるなら、申請者の適切なライセンス番号が申請書に含まれていること
3. B、C、Dライセンスの確認をする当局者は、筆記試験の解答用紙が合格点を超えているか確認しなければならない
4. 申請書の記入欄に署名と名前、タイトル、日付を記入
 
特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.