お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール

Examination Question[試験問題]

ベーシックインストラクター筆記試験問題

一般USPAインストラクター
1. 各スチューデントはインストラクターによる完全な装備チェックをいつされるべきか
 
a. 地上でギアアップの前に
b. 飛行機に乗る前に
c. 飛行機からエグジットする前に
d. 上記の全て
2. 飛行機に乗りこむ間と飛行機内でのスチューデントのハンドルを守るのは誰の仕事か
 
a. スチューデントはファーストジャンプコースで教わった全てを覚えていること期待される。
b. スチューデントは自分のハンドルを守るよう教えられるが、インストラクターは初めの何回かのジャンプはよく注意して見ていなければならない。
c. 経験のあるジャンパーは飛行機に乗りこむ間と移動中、スチューデントのハンドルを注意して見ることを知っている。
d. 現代のスチューデントのスカイダイビング装備はハンドルを守る必要がない。
3. スチューデントはアプローチでSターンすることなくまっすぐに飛ぶことを教えられるのは何を避けるためか
 
a. キャノピーのストール
b. 他のキャノピーとの衝突
c. 180度のフックターン
d. アウトランディング
4. カテゴリーAファーストジャンプコースでは、誰がエマージェンシーの手順を教えるか
 
a. USPAコーチ
b. USPAインストラクターなら誰でも
c. aとbの両方
d. aでもbでもない
5. カテゴリーAのスチューデントがキャノピー降下を十分に理解する必要があるのは
 
a. 正確なアキュレシーランディングのため
b. 空港でのランディングだけに対処するため
c. ウィングローディング1.3:1のキャノピーで飛ぶため
d. オープンからランディングまでの人為的な問題を解決するため
6. カテゴリーBのエマージェンシー手順の復習は
 
a. ファーストジャンプコースのエマージェンシー手順の復習になる
b. 同じ日にジャンプする機会がなかった全てのソロのファーストジャンプスチューデントのための復習になる
c. スチューデントと経験のあるジャンパーのリフレッシュジャンプの復習になる
d. 上記の全て
7. どのようにパラシュートがオープンするか教えるのに最も適切なのは
 
a. 地上からパラシュートを見ること
b. ボードに絵を描いて
c. 教室でのレクチャー
d. 地上で開いたパラシュートを使って
8. カテゴリーCのスチューデントの目的の1つは
 
a. 2回の90度ターン
b. 2回の360度ターン
c. バレルロール
d. ホーバーコントロール
9. カテゴリーCのISPスチューデントがキャノピートレーニングに関して教わるのは
 
a. フロントライザーターン
b. リアライザーターン
c. ローターンからのリカバリーテクニック
d. ウィングローディングとキャノピーフライトに対するその効果
10. カテゴリーDのAFFスチューデントが、IADまたはスタティックラインフリーフォールの過程で、ソロでフリーフォールジャンプをしたい場合、初めにしなければならないのは
 
a. カテゴリーEまでAFFを続ける
b. USPA AFFインストラクターの監督のもと、スタティックラインジャンプを行う
c. 360度ターンを示す
d. 適切なレーティングのインストラクターの監督のもと、安定したIADまたはスタティックラインジャンプとプルの練習を示すこと

11. スチューデントがターンを始めたが、反応が鈍い、または反対にターンをしてしまった場合、スチューデントは
 
a. ターンするためにもっと努力するべきである
b. ターンしようとしているのとは反対の腕を伸ばすべき
c. ニュートラルのアーチに戻り、リラックスし、足を伸ばし、そして高度があるならば再度ターンをするべきである
d. 次のジャンプの前にターンの再訓練を受けるべきである
12. コントロールできないスピンでは、スチューデントはどうすると教えられるべきか
 
a. スピンからトラックアウト
b. アグレッシブな反対のターン
c. できるだけアーチする
d. 高度をチェックし、アーチ、足の位置を確認しリラックス
13. カテゴリーDのスチューデントとのエマージェンシーの復習には何が含まれるか
 
a. トレーニングハーネスでの復習
b. 建物へのランディングの手順の復習
c. aとb両方
d. aとbどちらでもない
14. スチューデントが安定へリカバリーすることができたら、USPAインストラクターは何を許可するか
 
a. 自己監督によるフリーフォール
b. どんなスカイダイバーとでも一緒にグループジャンプ
c. USPAのAライセンス
d. 上記のどれでもない
15. ISPのカテゴリーEまでに、スチューデントはアシストなしで次のことができる
 
a. 完全なメインパラシュートのパック
b. 完全なジャンプ前のギアの点検
c. 完全なリザーブのリパック
d. スリーリングのメンテナンス
16. スチューデントの初めのトラッキングの注目点は
 
a. 距離
b. 水平にトラッキングしていること
c. スピードを得るために急なダイブをしていること
d. ヘディング
17. カテゴリーFのクリアーアンドプルジャンプはどの高度から行わなければならないか
 
a. 2,500と2,000フィート
b. 4,500と3,500フィート
c. 5,500と3,500フィート
d. 6,500と4,500フィート
18. ISPのカテゴリーGで、スチューデントはキャノピーで何のマニューバーを練習するべきか
 
a. フロントライザーを使う
b. リアライザーでのストール
c. 基本のCRWのドック
d. 2,500フィートより上でのターン
19. ISPのカテゴリーHで、スチューデントはキャノピーで何のマニューバーを練習するべきか
 
a. フロントライザーを使う
b. リアライザーでのストール
c. 基本のCRWのドック
d. 2,500フィートより上でのターン
20. ISPのカテゴリーGで、スチューデントは何についての詳細なインストラクションを受けるべきか
 
a. キャノピーパターン
b. CRWのドック
c. フロントライザーを使ってのランディング
d. キャノピーの衝突
21. USPA Aライセンスの試験とチェックダイブをどのように行うかという情報をUSPAインストラクターはどこから得るか
 
a. SIMの“ライセンス試験インストラクション”セクション
b. ドロップゾーンのオーナー
c. Aライセンスのプロフィシェンシーカード
d. パラシューティストの記事
22. USPAコーチレーティングコースに参加するための条件を満たすためファーストジャンプコースをしている志望者に対して、どのレベルの監督が必要か
 
a. USPAインストラクターがその場に同席しての直接の監督
b. USPAコーチがその場に同席しての直接の監督
c. USPAインストラクターの監督
d. USPAコーチの監督

23. USPAのBSRに従わなければならないのは
 
a. スクールのオーナーのニーズによる
b. 全てのUSPAレーティングを持つ人、場所によらず
c. USPAのグループメンバーになっているドロップゾーンだけ
d. スチューデントがISPに沿って訓練されている場合だけ
14. 12,000フィートから3,000フィートの上空風が平均180度20ノットの場合、予想される13,000からのフリーフォールドリフトはおよそ
 
a. 南に3分の1マイル
b. 北に3分の1マイル
c. 南に3分の2マイル
d. 北に3分の2マイル
25. 35回のジャンプ回数でUSPAのAライセンスを持っているジャンパーがドロップゾーンにやってきた。彼は75日間ジャンプしていない。彼がすべきなのは
 
a. USPAのレーティングを持つ人の直接監督のもと1回以上のジャンプ
b. 全部のファーストジャンプコースとカテゴリーAのジャンプを終わらせる
c. カテゴリーBのジャンプをする
d. USPAインストラクターからのブリーフィングと復習を受けた後、監督なしで1回のソロジャンプを行う
特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.