1981年10月19日、ワールドパラシューティングチャンピオンシップスが終わった翌日、宇宙飛行士であり、外交官、博物館館長そして作家でもあるマイクコリンズが、ついにスカイダイバーになった。
 コリンズはUSPAから、フロリダ州ゼファーヒルズで行われた第4回リラティブワークチャンピオンシップスのセレモニーのための名誉ゲストとして招かれていた。USPAからの招待を受けて、コリンズはゲストである間にスカイダイビングをしたいと言い、USPAのディレクターであるアル・キングはコリンズをアメリカで初のAFFファーストジャンプコースを受けた”セレブリティ”にしようと手配した。
 もう1人の経験豊かなAFFインストラクター、マイク・ジョンストンがキングを手伝った。
 彼は空軍の音速飛行パイロットであり、アメリカで3人目の宇宙遊泳をした人であり、そしてニール・アームストロングが人類史上初の月面着陸をしたときに、月の周りを回っていたコマンドモジュールのパイロットである。マイクは身体的に適しおり、マラソンレースへの情熱の結果、どんな航空機の環境でも完全に平気だった。そして何か新しいことを学びたいと熱望していた。
 NASAは宇宙飛行士候補者たちにスカイダイビングをさせることを、危険すぎるという理由で、断固として拒否してきた。だがパラセーリングはOKだった。(パラシュートはコロンビアシャトルのフライト前の全てのロケットのリカバリー時に使われており、宇宙飛行士たちはパラシュートの特性を知っておく必要があった。NASAはその方法にパラセーリングを選んだ)

 月曜日の午後遅く、美しいフロリダの天気の良い日、コリンズはギアを身に付け、ゼファーヒルズで有名なDC3である40Tangoへ向かった。
 彼はたくさんの空中カメラマンとDZオーナーであるジム・フーパー、そしてUSPA理事のビル・オトリーに付き添われていた。全員が宇宙飛行士を一緒に空を飛びたいと思っていた。

 ジャンプランに入って、インストラクターであるキングとジョンストンはファイナルチェックを終わらせ、マイクをドアに位置させ、顔を中に、足をステップに置かせた。
 マイクのパフォーマンスは完璧だった。一度回転した後、マイクと、キング、ジョンストンは安定した姿勢になり、マイクは、予め決められていたダミーリップコードのプルを3回行い、その他のAFFのエクササイズも65秒のフリーフォール中に実行された。彼のオープンは計画通りで、周りはすぐに一緒に飛んだ人たちのキャノピーで囲まれた。
 マイクによると、彼のランディングは「思っていたよりずっとソフトだった」

ランディングするとすぐ、離陸のときに地上においていった報道の人達に囲まれた。

「また飛びたいですか?」
「もちろん。本当に楽しかったし、とてもエキサイティングだった。」
「スカイダイビングと宇宙遊泳とどちらがより楽しかった?」
「2つとも全く違うものだし、両方ともとてもエキサイティングなので、どちらかとは言えない」

それは、元国務次官補らしい、少し外交的な答えだった。

USPAは彼のジャンプのフィルムを使うのか?
「もちろん。とても誇りに思っている。」
マイク・コリンズのジャンプの映像はその後、正しい最高の例としてUSPAのAFFトレーニングプログラムに統合された。

【注】 マイクコリンズ:アポロ11号の宇宙飛行士>>ウィキペディア

初心者のスカイダイビング申込・問い合わせはこちらから