お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール

1人で飛ぶために[地上講習テキスト]
パラシュートの非常事態(マルファンクション)
キャノピー(パラシュート)マルファンクションは、メインリップコードをプルできたか、できないかで2種類に分けており、その対処の仕方は違います。
1.トータル・マルファンクション
メインリップコードがプルできない状態です。フリーフォールのスピードそのままで落下する為、素早く対処しなければなりません。
対処法
  リザーブリップコードをプルする。
・足を閉じる。
・ルック・・・リザーブリップコードを見る。 
・リーチ・・・両手でリザーブリップコードを握る。(左手の親指をリップコードに入れ、右手はそれを被う)
・プル・・・両手のひじが伸び切るまで、確実に引く。(ブルしたらリップコードを捨てる)
・アーチ
・チェック・・・肩越しにパイロットシュートが出て行くのを確認する。
  ★メインリップコードが固い時(ハード・プル)
・両手で2回トライする。
プルできた時  → 通常の動作を続ける
プルできない時 → リザーブリップコードをプルする
  ★メインリップコードがポケットから外れている時(フローティング・リップコード)
・メインリップコードのワイヤーが通っているハウジングをハーネスからたどり、ワイヤーをつかんでプルする。
・リップコードのハンドルは風圧で動いているので、ハンドルをつかみにいかず、根本からワイヤーをつかむようにする。
プルできた時  → 通常の動作を続ける
2回トライしてプルできない時 → リザーブリップコードをプルする(5秒以上トライしない)

2.パーシャル・マルファンクション
通常、メインリップコードをプルしてから5つカウント(約5秒)する間に、パラシュートはオープンします。5つカウントしても、部分的なトラブルで正常にパラシュートがオープンしていない状態がパーシャルマルファンクションです。
対処法
  メインパラシュートをカッタウェイしてリザーブリップコードをプルする。
・メインリップコードを捨てる。
・ルック・・・カッタウェイハンドル(パッド)を見る。同時に足を閉じる。
・リーチ・・・両手でカッタウェイハンドルを握る。
・プル・・・両手でカッタウェイハンドルを確実に引く。
・ルック・・・リザーブリップコードを見る。
・リーチ・・・両手でリザーブリップコードを握る。(左手の親指をリップコードに入れ、右手はそれを被う。)
・プル・・・両手でリザーブリップコードを確実に引く。
・アーチ
・チェック・・・肩越しにパイロットシュートが出てゆくのを確認する。
  ★パーシャルマルファンクションは様々なタイプがありますが、重要なことは、オープンしているか? コントロールができるか? など、このパラシュートで安全に降りられるかどうかを判断することです。
  ★パイロットシュートやブライダルコードが体(手、足)に巻き付いた時
(ホース・シュー)
巻き付いた部分を振りほどくようにする。
2回トライして(5秒以上トライしない)巻き付いたままなら、カッタウェイしてリザーブリップコードをプルする。
特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.