お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール

1人で飛ぶために[地上講習テキスト]
フリーフォール・ポジション
フリーフォールするときには、自分の体をコントロールすることが必要です。不安定な状態(フラフラしたり、ころがりながら落ちる)では、パラシュートの正常なオープンを妨げたり、2人以上でのRW(レラティブワーク)は不可能になります。
コントロールされたフリーフォールにする為に、このポジションは重要なポイントです。
アーチポジション
エグジットする時又は不安手になった時に必要な姿姿勢
・腹(腰)を大きく前に出す。
・腕は広げるが、ひじには余裕を持たせる。
・足は伸ばしリラックスさせる。
・あごは少し上げる。
ニュートラルポジション
通常フリーフォールしている時は常時しているポジションコントロールのしやすいポジションです。
・腹(腰)を少し出す。
・肩よりひじが上がっている。
・ひざはこぶし1個分位上げる。
・胸を反らない。
・腕は90°に曲げ力を抜いている
・足を伸ばした位置から45°折り曲げ力は入れている 
・体全体は力を抜きリラックスしたポジションを作る

フリーフォール中に腰が引けたりして(恐怖心により、体が縮んで腰が引けることが多い)ひっくり返り、不安定になった時は、アーチポジションをとることで安定を回復します。
※フリーフォールポジションは、地上で出来なければ空中でも出来ません。地上でよく練習しておくことが、上達の早道です。
特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.